スポンサードリンク

2009年08月06日

熱中症対策で気をつけたい地面からの照り返しと温度


熱中症対策も今年は、長引く梅雨の影響で、少し注目度が下がっているのかなっと思います。ようやく梅雨明けもしてきましたが、まだ湿気含みの気候は拭いきれていないように感じますので、湿度にも係りの深い熱中症は、逆に要注意かもしれません。

梅雨が明けてきますと、当然ながら、外へ出かける機会も多くなるかと思います。
ここで気をつけておきたいことが、アスファルトを含む地面の照り返しです。

地面は、日中徐々に太陽の熱をため込んでいます。その照り返しがありますから、
実際よりは体感温度は、かなり高いと考えておかなければなりません。

天気予報などで、予想温度というものも公表されますが、私は、これらはあくまで目安と考えるようにしています。実際、外を歩くとなれば、紫外線などもありますし、いろいろな要因が左右するということは、心得ておかなければなりませんね。

対策?と言えば、やはり屋外での作業は、できるだけ日中を避け、早い時間帯に行なうしかありません。また長時間高温にさらされるような場合は、体力回復の休憩が大事です。そして当然ながら、こまめな水分摂取です。帽子などは、言うまでのありません。

屋外は、地面が熱をため込む事から、
この時期は思っている以上に高温であると思って対策をねっていきたいですね。

トップへ戻る→熱中症 応急処置-我が家の熱中症対策マニュアル


posted by mikisuki at 10:16| 熱中症予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

熱中症予防対策に向けて発汗機能を整えておく


熱中症予防対策に向けて大事な事は、発汗機能を整えておくことだと思います。
暑い時期というのは、とかく汗をかくのを嫌がる(悪い事?)傾向にあるかもしれません。

汗をかくというのはけっして悪いことではないと思うのですが、汗をかくことでの体臭などが気になるからでしょうか?確かに仕事やデートでは気になるところかもしれませんね。

ただ汗をかくという事(機能)は、体温調整をしているためで、私達には非常に大事なことです。ですので冷房のきいた涼しい場所ばかりいて汗をかかないということになると、
発汗という機能の低下を招くおそれがあるのではないかと思います。

そうなると熱中症で懸念される、体に熱がこもってしまうということなどが
心配になってきます…<( ̄□ ̄;)。

暑い状態に置かれたときにしっかり体温の調整がなされるように、発汗機能というものを整えておく事が必要でしょう。

汗をかく機会の少ない方は、適度な運動を心がけ、汗を流しておきたいですね。サウナや岩盤浴ななども良いかと思いますが、手軽なのはやはり入浴です。暑いから、疲れているからといってシャワーだけですませるよりは、しっかりお風呂に入り汗をかいておけば、気持ちもスッキリです。

我が家では、下半身入浴などを行っています。少しぬるめの温度でつかれば、
じんわりと体の芯から汗が流れてくるような感じがします。

もちろんお風呂の前と、後にはしっかり水分補給をしておく事は言うまでもありません。

発汗機能を整えておくことは、熱中症予防対策には、非常に大事なことだと思います。(*^^*)ノ 


トップへ戻る→熱中症 応急処置-我が家の熱中症対策マニュアル
posted by mikisuki at 10:00| 熱中症予防対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。